妊娠できない理由

	 medicine

愛する男性がいる方は、いつかこの人との間に子供が欲しいと考えたこともあるでしょう。
結婚したらすぐに子供が欲しいという方や、しばらくは2人で過ごしたいから2、3年後に欲しいという方など様々な方がいると思います。
しかし、そろそろ子供が欲しいと思って子作りを初めても、中々妊娠できないと不安になってしまいますよね。

妊娠できない理由の一つとして排卵をしていないこと、つまり「無排卵月経」の可能性が考えられます。
無排卵月経というのは、月に一度の生理はあるけど排卵はしていない状態のことで、無排卵性周期症とも言われています。
女性でも特に30代の方に多くて、生理が来ていて無排卵月経だということに気づかないため、不妊治療をする過程で初めて分かったという方も多いようです。
無排卵月経の方の症状として、生理周期が安定せずに月に2回来る、遅れて生理が来る、出血量は少ないが長く続いてしまう、生理痛を感じないといったものがあります。
自分で無排卵月経かどうかを確認したい場合、毎日基礎体温を記録しておくという方法があります。
女性の体に生理が起こっている時、排卵が起こることで女性ホルモンの一つ、プロゲステロンの分泌により基礎体温が上昇するのですが、無排卵月経だとプロゲステロンが分泌されにくいため基礎体温の上昇は見られません。
基礎体温は体調によっても変化するので、2、3か月の基礎体温を見て判断するのではなく、長期に渡って様子を見ることが大切です。

もし自分が無排卵月経だと分かっても諦める必要はありません。排卵誘発剤であるクロミッドを使って不妊治療を開始しましょう。
これまでも多くの方が排卵誘発剤のクロミッドを使って不妊治療を行ってきているので、きっとあなたも新しい命を授かれるはずですよ。

負担が少ない

cure

排卵誘発剤のクロミッドは、高額な費用がかかると言われている不妊治療の中でも安く、副作用も少ないため、負担が少なく安心して使うことができます。ただし、副作用が全くないというわけではないので、覚えておいて下さい。

Read more

排卵日の把握が大切

sad

新しい命を授かるためには、排卵日のタイミングに合わせて性行為を行うことが大切です。クロミッドを使用すれば、排卵日が人工的に定められるので、妊娠の確立は高まります。

Read more

海外から購入できる

stress

不妊治療に使用される排卵誘発剤のクロミッドは、産婦人科で処方される以外にも個人輸入を利用して購入することもできます。ジェネリック医薬品の購入もできますので、不妊治療にかかる費用を格段に抑えることができます。

Read more